« フランス出張 その④ | トップページ | フランス出張 その⑥ »

2012年9月25日 (火)

フランス出張 その⑤

リヨンの楽しい宴も無事終わり、晴天の気持ちよい朝を迎えました。

今日午前中はリヨン市内のスィーツショップを巡るなんとも羨ましい行動です。午後はフルーツピューレ工場見学、その後電車で西へ4時間以上移動します。

まずはルイ14世の銅像が飾られている広場へ集合。いろいろ説明を聞くがちんぷんかんぷん、世界史をきちんと勉強していれば良かったと思う瞬間です。
14

街中を練り歩くといろいろな所にスィーツ店があります。もちろん日本でも名の知れた店があるのですが中年男性にはどーもピンと来ないのが正直な所でした。しかし、そんな野郎にも「おぉ!」と思わせる窓越しのプレゼンテーションはさすが本場を感じさせます。マカロンも日本では廃れてしまったと勝手に思い込む野郎には良い刺激でした。ヴォワザン(と読むらしい)あぁ・・・美味そうな飾り付けである。
Vision

次はベルナション、何でも有名らしい。各人中に入り込み一つ二つ買い込み外でシェアしてパクつく。日本人の店員さんが丁寧に説明してくれる、どれも美味い。ただし、私が買った妙に安く大判のマカロンこれは凄く不味かった。そう、昔日本で売っていたコロコロマカロンその物の味である。判り易い「美味いものは高い、安い価格の物は不味いんだ」単純明快である。
Bernachon_1


これはベルナションのチョコレートパック。名声に対して結構地味だが日本で飾ったら皆買うだろう。笑)ウグイス色を使う暈しが私には読めない・・・未熟者である。
Bernachon


その後ブイエという店に行く。鮮やかな色のケーキが並ぶ。買うには結構勇気が必要だが貰う側からすれば、冒険序章みたいで結構受けるだろう。きっと美味しいんだろうなぁ。
Buoillet

こんなチョコレートもあった。
食べた後如何するか、食後どのようにどこで二人で楽しむかは勝手な想像だが、送る相手を間違えたり、自身がサンジのような一貫者でなければ、コレ、雑具扱いとなるであろう・・・たぶん。
Buoillet_2

すみません・・・。


さて、一通り見学した後は・・・ピューレ工場見学。同行女性陣が農場でさくらんぼを食いまくっていたのが印象的。その後移動となるのだが現地到着が22:00、って事で列車内食事。簡潔に済ませるためハンバーガーとフランスパンサンドという極めて味気ない夕食。

さ、明日は野菜工場と栗だ。

|

« フランス出張 その④ | トップページ | フランス出張 その⑥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス出張 その⑤:

« フランス出張 その④ | トップページ | フランス出張 その⑥ »